大好き!セサミンガイド

メインイメージ

セサミンの摂取量の目安

バランスよく栄養素を補給すること、水分をしっかり摂取すること、健康に生きていくための鉄則です。
その鉄則にもう一つ、体を酸化させないことをプラスしてほしいと思います。
体が酸化する、つまり活性酸素が体内に多くなるということは、健康にも美容にも悪い影響を及ぼすことになるからです。

活性酸素を抑制する効果、抗酸化作用が強い成分としてセサミンがあります。
セサミンはゴマに含まれるゴマグリナンの一種でゴマグリナンの、実に50%がセサミンです。
セサミンには抗酸化作用のほか、悪玉コレステロールの抑制など体にとってとてもいい働きを持っているため、肝臓の働きが気になる方、お酒をよく飲まれる方、肌荒れが気になる方、疲れが取れないなどの症状や更年期障害の症状にも効果が期待できます。

セサミンをゴマから摂取しようと考えると、皆さんどのくらいの量を食べればいいか、わかりますか?
1日に必要なセサミンの目安量となると、10mgだそうです。
なーんだたった10mgじゃゴマからでも取れるでしょう?と考える方がいますが、これが至難の業です。
だってゴマに含まれるセサミンは1粒にたった0.4%、ゴマの種類によってはたった0.1%しか抽出できないんです。
となると、ゴマから1日に必要なセサミンの量を摂取しようとなると、ゴマ3000粒を毎日食べるということが必要になるのです。

ゴマは硬い殻に包まれているため、ゴマをすりつぶすなどの作業が必要ですし、料理などで毎日利用するとしても3000粒はなんとも難しい。
しかもゴマ、気になることがあります。
ごま油が精製できるほど、脂質が多いという点、またカロリーが高いという点です。
ゴマを毎日3000粒採り続けていたら、脂質もカロリーも取りすぎという状態になります。

サプリメントでセサミンを摂取することが望ましい理由、よく理解できるでしょう?
セサミンだけを抽出して作られたサプリメントなら、カロリーや脂質を気にせず効率良く摂取できるんです。
では、セサミンをサプリメントで摂取する場合、どのくらい飲めばいいかというと、サントリーのセサミンなら、目安として1日3粒だそうです。
3粒で約10mg、食品から補うよりもずっと、手軽で賢い方法ですね。
サプリメントで効率よく摂取するのは良いのですが、セサミンを摂取する際に気をつけてほしい点があります。
詳しくはこちらに載っていますのでご覧ください。

さて、アレルギーの方はセサミンサプリメントを服用しても大丈夫なのでしょうか。
こちらにセサミンサプリメントとアレルギーの関係について書かれています。是非ご覧ください。