大好き!セサミンガイド

メインイメージ

ゴマの状態では吸収されにくい

ゴマは古くから料理などに利用されてきました。
すりゴマや入りゴマなどにして野菜と合えたりドレッシングにしたり。
またゴマは油分が非常に高いので、ごま油としても利用されてきました。
そのまま食べてもおいしいので、スイーツの上に振りかけて利用したりもしていますね。
でも、問題はゴマの栄養素が吸収できるかどうかという点です。

ゴマは小さいけれど硬いからに覆われていますね。
この固い殻に覆われていることで、そのまま摂取してもなかなか栄養素が吸収されにくいのです。
摂取してもゴマが細かいので歯で噛み砕くことができず、消化吸収されないままに排泄されてしまうことが多いのです。
となると良質な栄養素があるゴマをいくら食べても、そのまま食べては意味がないということになりますね。

栄養を吸収するためには、ゴマを炒ってすりゴマにして料理などで利用する、また、言ったものを切りゴマなどにして利用することになります。
ただ・・・セサミンはこの状態で摂取できたとはいえないということになります。
というのも、セサミンはあの小さいゴマの粒の中に、たった0.4%しか含まれていない成分です。
ゴマの種類によっては0.1%程度含有しているというくらいなので、ゴマをかなり多く食べないとセサミンが体内で有効的に働くほど摂取できないということになります。
食物繊維やカルシウム、鉄分などはゴマ料理として摂取できると思いますが、セサミンとなるとやはり含有量が少ないため、ゴマそのものから吸収したいとなると難しいのです。

1日に必要なセサミンの量はhttp://zenibo-milimania.world.coocan.jp/quantity.htmlにかいてありますが、
この量をゴマから摂取するとなると、ゴマ3000粒に換算されます。
ゴマがいくら好きでも、こんなにたくさん食べるということはできないですよね。
それに毎日こんなにたくさんのゴマを摂取していたら、カロリーや脂質も気になります。
そうしたものを除き、セサミンをもっとしっかり毎日吸収するためには、やはりセサミンを抽出したサプリメントが一番!ということになりますね。
無料で試せるセサミンサプリメントもありますのでそういった商品でまずは試してみてください。

セサミンサプリメントの人気商品がこちらに紹介されていますので、ご覧ください。