大好き!セサミンガイド

メインイメージ

お酒が好きな人にセサミン

お酒は百薬の長ともいい、適量ならば血行を促進したり体を温めるなど、良い効果が期待できますが、適量を過ぎれば体にとって、とてもお荷物な物となる趣向品です。
最近は女性の方がお酒も強いといわれ、居酒屋さんでもどこでも、おじ様たちの場所を占領するように、女性たちが飲み場所を求めて街を闊歩しています。
サラリーマンもOLさんも、飲むことが好きという方でも、飲みすぎて二日酔いになれば、もう絶対にお酒なんて飲まないって思うでしょう?
それほど、二日酔いというのは辛いんです。

お酒が体に入ると、まずアルコールが全身をめぐります。
それから最終的に、肝臓で水と二酸化炭素に分解、そして体外に排出されます。
この水と二酸化炭素に分解する際に生まれる物質がアセトアルデヒド、有害成分つまり毒素です。

毒素の分解は、肝臓の役割。
役割をしっかり果たせる量ならいいのですが、肝臓だって万能選手じゃありませんから、解毒できる量というものがあります。
その量を超えて肝臓が処理できなくなると、起こってしまうのが二日酔い。
アセトアルデヒドが体外に排出されることなく体の中に毒素として残ってしまうことで、頭痛や激しい吐き気、動機、めまいなどの症状が起こるのです。

セサミンは、直接肝臓に働きかけができる抗酸化作用を持っています。
肝臓の働きを協力にサポートする力を持つセサミンを飲むことで、お酒の飲みすぎから起こる二日酔いを軽減、あるいは防ぐことができるんです。

実はある調査が行われています。
セサミンを摂取してお酒を飲みに行った人と、セサミンを摂取せずお酒を飲みに炒った人を比較したところ、セサミンを摂取していたほうの人は、飲み終えた時点で、血中アルコールの濃度が低下していきます。
でも、セサミンを摂取せずにお酒を飲んだ人は、飲み終えて1時間後でも血中アルコール濃度が減らないという結果です。
つまり!忘年会や新年会、友達の結婚式などで飲む量が多くなることがわかっているとき、セサミンを先に飲んでおくと二日酔いや悪酔いの防止になる・・ということです。