大好き!セサミンガイド

メインイメージ

セサミンには有用な成分を補助する作用

セサミンは体の様々なサポートを行うといわれていますが、中でも肝臓へのサポート力が強いことは、皆さんもご承知のことだと思います。
肝臓へのサポートが強力だということが、体全体へのサポートへつながっていきます。
肝臓は、体に取り込まれた食べ物をエネルギーに変換し、体内の様々なところに送り込みます。
私たちが運動をしたり勉強をしたり仕事するなど、生活する際に無意識に動くことができるのは、肝臓がエネルギーを作り出してくれているからなのです。
だから肝臓に疾患があると、体がだるく動く気力がなくなり、歩くことも辛いという状態になってしまいます。
肝臓でエネルギーへの変換がスムーズに行えるようにサポートするのがセサミンです。

また肝臓では解毒、老廃物除去の働きがあり、質のいい栄養素を血液に乗せていくという働きも持っています。
解毒作用にもセサミンがサポートを行い、邪魔する活性酸素を排除するという働きでサポートを行っています。
血液に入った栄養素は、毛細血管に乗って皮膚や筋肉など動くために、また成長するために必要な部分へ運ばれていきます。

肝臓はアミノ酸を合成する機能も持っていますが、このアミノ酸合成機能をサポートする働きもセサミンが持っているのです。
アミノ酸というのは人の体にとってとても重要な成分で、なくてはならない成分です。
エネルギーの元になるたんぱく質は20種類ものアミノ酸から生成されていて、このアミノ酸があるから、食べ物を消化する、毛髪が伸びる、呼吸ができるなど人は生きていけるのです。

アミノ酸の合成機能を持つ肝臓が、活性酸素によって弱ってしまい、この状態が継続されれば、体のほかの部分にも大きな影響を与えてしまいます。
肝臓がアミノ酸を合成し、エネルギーを作り出し、解毒や老廃物排除を行うことで、人の体はしっかり機能し、運動し働き、息を吸い、心臓を働かせることができるんですね。
アミノ酸生成サポート、抗酸化作用による活性酸素除去など、セサミンは本当に体にとってとてもいいサポートを粉って炒るのです。