大好き!セサミンガイド

メインイメージ

強力な抗酸化作用のセサミン

セサミンに高い抗酸化作用があると知られています。
よく、錆びない人などコマーシャルで言葉を聞いたことがあると思いますが、この錆びない体を作るのに、抗酸化作用は必要不可欠なものなんです。
ただ抗酸化作用というのはどういう作用なのか、詳しく理解されていない方もいらっしゃると思いますので、まず抗酸化作用とはなにか?と知っておきましょう。

人は食べ物を食べると胃や腸で消化し、それが肝臓でエネルギーに変換されて、動いたり物を食べたり、心臓を動かすなどの力になります。
でもこのエネルギーを作る過程でどうしても生まれてしまうのが、活性酸素です。
活性酸素は人が酸素を吸うことからも、一部、生まれるものです。
悪者として名高い活性酸素ですが、悪い点ばかりではなく、役割も持っています。

活性酸素は細菌やウイルスなど人の体に悪い影響を及ぼすものが体内に侵入してきたとき、それを排除するという重要な役割も持っているんです。
でも、たとえば必要以上に食べ過ぎたり、お酒をがんがん飲んだり、体に必要のないタバコをすったりすると、活性酸素が過剰に発生し、処分できなくなってしまうんです。
すると活性酸素は悪さを始めます。
もともと、ウイルスや細菌類などへの攻撃を行う際、細菌類ばかりではなく、健康な細胞まで傷つけてしまいますし、血液の流れを阻害する悪玉コレステロールを作り出し、血液をドロドロにしてしまったりと、体の中でよくないことをし始めるんです。
セサミンが持っている抗酸化作用は、この悪い役割をするようになった活性酸素を抑制するという力なんです。

人は生まれながらにこの抗酸化作用の力を持っています。
でも、残念なことに人が持っている抗酸化作用の力は、加齢とともに失われていくのです。
去年までなんでもなかったのに、今年はお酒を同じ量飲んでも、なんだか翌日残るな・・・と思う時、それは、加齢によって抗酸化作用の力が弱くなり、活性酸素の除去が間に合わなくなっているという状態なんですね。
セサミンは活性酸素をやっつける強い力を持っているので、年齢に負けない強い抗酸化作用を発揮してくれるというわけです。